屋内墓地(参拝口)

家族の形が変わりお墓を持つことが難しい社会になりました。

まして都会では高価なものです。

田舎にお墓がある方でもなかなか管理が難しくなり、

お墓参りも気軽にできません。

それでも家族の遺骨は大切に埋葬したい、

できるだけお墓参りにも行きたい。

そんな方々に「ゆいの御廟」は

屋内墓地という新しいお墓で、お応えしていきます。

 

写真は地下1階の参拝口の様子です。

大変落ち着いた空間で、参拝口の扉は

茜色から金色へのグラデーションになっています。

真西に沈む太陽の色 いのちの方向がしのばれます。

 

また、写真は載せておりませんが、

2階は地下1階と同じ間取りで、

参拝口の扉は深紫から金色へのグラデーションです。

東西の洋を問わず昔から紫は高貴な色とされてきました。

いのちの重みがしのばれます。

Copyright (C) 2017 jyousyouji.or.jp All Rights Reserved.

屋内墓地(参拝口)

家族の形が変わりお墓を持つことが難しい社会になりました。

まして都会では高価なものです。

田舎にお墓がある方でもなかなか管理が難しくなり、

お墓参りも気軽にできません。

それでも家族の遺骨は大切に埋葬したい、

できるだけお墓参りにも行きたい。

そんな方々に「ゆいの御廟」は

屋内墓地という新しいお墓で、お応えしていきます。

写真は地下1階の参拝口の様子です。

大変落ち着いた空間で、参拝口の扉は

茜色から金色へのグラデーションになっています。

真西に沈む太陽の色 いのちの方向がしのばれます。

 

また、写真は載せておりませんが、

2階は地下1階と同じ間取りで、

参拝口の扉は深紫から金色へのグラデーションです。

東西の洋を問わず昔から紫は高貴な色とされてきました。

いのちの重みがしのばれます。